予防歯科

一生自分の歯でものを噛み続けるために

近年、日本でも「予防歯科」に対する注目が高まっていますが、欧米の予防歯科先進国と比べると、まだまだ浸透度は高いとは言えません。予防歯科とは、虫歯や歯周病などの病気にかかってから歯科医院で治療を受けるのではなく、病気にかかる前に治療を受けることで、歯の健康を守る歯科治療です。虫歯や歯周病は初期段階では自覚症状がほとんど現れないため、痛みなどの症状に気づいた時には、すでに進行してしまっているケースが少なくありません。そのため、こうした病気から歯を確実に守るためには、3ヶ月に1回など定期的に歯科医院に通い、早期発見・早期治療に努める必要があります。
当クリニックには、診療が終わったら必ず次回のご予約を取られたり、こちらから何も言わなくても定期的にお越しになる患者様もいらっしゃいます。しかし、まだまだ「予防歯科の重要性が浸透している」とは言い難い状態です。私達は歯に対して高い意識を持たれている方はもちろんのこと、初めて「予防歯科」の存在を知ったという方にも、是非その重要性をご理解頂き、歯を病気から守って頂きたいと考えています。一生自分の歯でものを噛み続けるためにも、是非そう歯科クリニックで「予防歯科」を始めてみてください。

歯科医院のプロケア×患者様のセルフケア=歯の健康

虫歯や歯周病から歯を守るためには、病気の原因菌が増えないように、お口の中を適切にケアすることが大切です。ブラッシングなど患者様がご自宅で行うセルフケアも病気予防には欠かせませんが、あわせて歯科医院でのプロケアを定期的に受けることで、より予防効果を高めることができます。
患者様の中には、磨き方に癖があるため適切にブラッシングが行われておらず、お口の中にたくさんの磨き残しがある方も多くいらっしゃいます。また、ブラッシングだけで、デンタルフロスなどによる歯間清掃を行っていない方は、歯と歯の間などにたくさんの汚れが残っている場合が多々あります。当クリニックでは、こうした方々のセルフケア力を高めるために、正しいブラッシング方法を指導したり、歯間清掃の重要性についてご説明させて頂いたりしています。

歯科衛生士が親身になって歯の健康をサポートします

歯を病気から守る上で頼りになる存在、それが歯科衛生士です。当院でも歯科衛生士が親身になって、患者様の歯の健康をサポートします。定期的にお越し頂き、歯科衛生士によるお口の健康チェックを受ければ、虫歯や歯周病などの病気を早期に発見して適切に処置することができるようになります。どんな治療も「予防」にはかないません。是非当クリニックへ定期的にお越しになり、歯科衛生士の協力のもと、歯の健康を守るようにしてください。

歯の病気予防のためにできること

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医院で行われる専門的な歯のクリーニングです。磨き残しはもちろんのこと、ご自宅でのケアだけでは除去できないバイオフィルム(細菌の塊)も、きれいに取り除くことができます。虫歯や歯周病などの病気予防のほか、軽度の色素沈着(ステイン)や口臭の改善効果も期待できます。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化する効果や、歯の再石灰化を促進する効果などがあります。これを歯の表面に塗布することで、虫歯にかかりにくくします。また、定期的に塗布することで予防効果を高めることができますので、3~4ヶ月に1回程度の頻度で受けられることをおすすめします。

3DS

3DS(Dental Drug Delivery System)とは、ご自宅でできる虫歯菌・歯周病菌の除菌治療です。専用のマウスピースに薬剤を注入して1日10分程度装着することで、虫歯や歯周病の原因菌を除菌します。適切に歯をケアしているのに虫歯や歯周病にかかりやすい方や、カリエスリスクテストで虫歯菌の数が多いと判定された方などにおすすめです。

定期検診

歯を病気から守るためには、定期検診が不可欠です。患者様の歯の状態によっても異なりますが、当クリニックでは3ヶ月に1回程度に頻度で受けられることをおすすめしています。虫歯や歯周病はゆっくりと進行するため、「前回の検診では異常はなかったが、今回の検診で重度の虫歯が見つかった」ということは基本的にはありません。つまり、定期検診を受けることで、病気が進行する前にそれを発見し、適切な処置を受けることができるようになるのです。

ブラッシング指導(TBI)

患者様によって歯並び、磨き方の癖、磨き残しが多い場所、磨き残しの量は異なりますので、患者様お一人おひとりのお口の状態を確認した上で、適切なブラッシング方法やデンタルフロスなどによる歯間清掃方法などを指導します。清掃用具の選び方、持ち方、動かし方など、細かな点まで丁寧にご説明します。

定期検診は患者様の様々な負担を軽減します

定期検診で歯の健康をチェックすることにより、病気の発生や再発などを未然に防ぐことができるようになります。また、虫歯や歯周病などの病気が発生しても、すぐに発見して治療を受けることができるため、治療期間や治療費などを軽減することが可能です。事実、定期検診を受けられている方は、そうでない方と比べて治療費の総額が低いというデータもあります。一方、定期検診を受けられていない方というのは、病気にかかって症状が現れてからいらっしゃる場合が多いため、大がかりな修復や歯の神経を抜くなどの治療が必要となり、その結果、治療期間が長くなったり治療費が増加したりする傾向にあります。
このことからも、いかに定期検診が患者様に対してメリットをもたらすものであるか、ということがご理解頂けるかと思います。歯の健康を守るのはもちろんのこと、治療にともなう様々な負担を軽減するためにも、是非定期検診を受けられるようにしてください。

歯間清掃と通常のブラッシングは別物です

デンタルフロスなどによる歯間清掃と、歯ブラシによる通常のブラッシングとでは、汚れを取り除く場所が違います。そのため、歯間清掃と通常のブラッシングは別物であると考えるべきです。歯ブラシによるブラッシングだけでは、60%程度の歯垢しか除去できないとされていますが、あわせてデンタルフロスなどによる歯間清掃を行うことで、90%程度の歯垢を除去することができるとされています。なので、歯と歯の間の虫歯や歯周病などを予防したいとお考えであれば、通常のブラッシングだけでなく、歯間清掃もあわせて行うようにしてください。

そう歯科クリニックブログ 自由診療ガイド EPARK