歯周病

歯周病とは

歯周病は、お口の中の細菌によって引き起こされる感染症で、現在、日本人が歯を失う一番の原因であるとされています。初期段階には痛みなどの自覚症状がほとんど現れないため、気づかないうちに重度化してしまうことが多い病気です。そのため、適切に予防するためにはご自宅でのセルフケアでプラークコントロールに努めるとともに、定期的に歯科医院に通ってお口の中の状態をチェックしてもらうことが重要となります。

歯周病はお口の中だけの病気ではありません

歯周病は、お口の中だけに関係する病気ではありません。糖尿病や心疾患など、重篤な全身疾患とも深い関わりがあることがわかっています。糖尿病は歯周病を悪化させる危険因子である一方、歯周病が糖尿病の悪化の危険因子になるとも言われています。また、歯周病にかかっている人は、そうでない人に比べて、狭心症や心筋梗塞にかかるリスクが2倍程度高いと言われています。このように、歯周病は全身にも様々な悪影響をおよぼす可能性がありますので、歯科医院で定期検診を受けられて、適切に予防するようにしてください。

歯周病のセルフチェック~こんな症状に心あたりはありませんか?~

  • ブラッシング時に歯茎から血が出る
  • 歯茎が赤く腫れている
  • 朝起きた時、口の中がネバネバする
  • 口臭がする
  • 歯がぐらぐらと動く
  • 以前よりも歯が長くなった気がする(歯茎が下がった)
  • 歯と歯の間によく食べ物が詰まる
  • 硬いものがしっかりと噛めない

歯周病の進行・症状

歯肉炎

初期段階の歯周病です。歯周ポケットの深さは3mm程度で、ブラッシング時に血が出るなどの症状が現れることがありますが、目立った自覚症状はありません。

軽度歯周炎

歯を支える組織や骨(歯槽骨)が溶け始めた状態です。歯周ポケットの深さは4mm程度で、歯茎が腫れたり、冷たいものがしみたりするようになります。

中等度歯周炎

歯槽骨が半分程度溶けた状態です。歯を指でさわるとぐらぐらと動くようになります。歯周ポケットの深さは6mm程度で、歯茎の腫れ、出血のほか、歯が浮いているように感じたり、口臭がきつくなったりするなどの症状が現れます。

重度歯周炎

歯槽骨がほとんど溶けてしまった状態です。歯周ポケットの深さは8mm程度で、歯茎が下がって歯が長く見えるようになったり、歯がぐらついたり、歯茎から膿が出たりするなどの症状が現れます。放置すると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病の検査

歯周ポケット検査

歯周病が進行すると、「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯茎の間の隙間が深くなります。そのため、専用器具を使って歯周ポケットの深さを測定し、歯周病の進行度合いを確認します。

歯の動揺度の検査

歯周病が進行すると、「歯槽骨」を呼ばれる歯を支える骨が溶けて、歯がぐらぐらと動くようになることがあります。そのため、ピンセットのような器具で歯をつまんで動かして動揺度を測定し、歯周病の進行度合いを確認します。

歯周病の検査

レントゲンによって歯槽骨の状態などを検査し、歯周病の進行度合いを確認します。

歯周病の治療

ブラッシング指導

ご自分では磨けているつもりでも、案外磨き残しは多いものです。そうした磨き残しを少なくし、ご自宅でのブラッシングをより効果的なものにするために、歯科医師や歯科衛生士が丁寧にブラッシング方法をご指導させて頂きます。

スケーリング

「スケーラー」と呼ばれる専用器具で、ご自宅でのブラッシングなどセルフケアでは落としきれない歯垢(プラーク)や歯石などの汚れを除去します。主に、歯肉炎、軽度歯周炎などの治療として行われます。

ルートプレーニング

スケーリングだけでは落としきれない、歯周ポケットの奥にある歯垢や歯石などの汚れを除去します。最後に歯の表面を滑らかにすることで、汚れの再付着を防止することが可能です。

歯周外科治療

歯周外科治療とは、プラークコントロールやスケーリング・ルートプレーニングなどでは症状の改善が見込まれなかった歯周病(歯槽膿漏)に施す外科的な治療のことをいいます。

メインテナンス

メインテナンスは、治療などにより得られた健康な状態の歯を維持させ、再発を防止することを目的としています。

加古川市にあるそう歯科クリニックでは1か月に1回程度の受診をおすすめしております。

そう歯科クリニックブログ 自由診療ガイド EPARK