診療案内

予防歯科

近年、日本でも「予防歯科」に対する注目が高まっていますが、欧米の予防歯科先進国と比べると、まだまだ浸透度は高いとは言えません。予防歯科とは、虫歯や歯周病などの病気にかかってから歯科医院で治療を受けるのではなく、病気にかかる前に治療を受けることで、歯の健康を守る歯科治療です。

 

虫歯

虫歯は、初期段階には痛みなどの症状がほとんど現れません。そのため、早期発見・早期治療をはかるためには、歯科医院で定期検診を受けることが重要です。発見が遅れて病気が進行し、重度の虫歯になると歯を失うことにつながる場合があります。

 

歯周病

歯周病は、お口の中の細菌によって引き起こされる感染症で、現在、日本人が歯を失う一番の原因であるとされています。初期段階には痛みなどの自覚症状がほとんど現れないため、気づかないうちに重度化してしまうことが多い病気です。そのため、適切に予防するためにはご自宅でのセルフケアでプラークコントロールに努めるとともに、定期的に歯科医院に通ってお口の中の状態をチェックしてもらうことが重要となります。

 

根管治療

虫歯や歯周病が重度化すると、抜歯を検討しなければいけなくなる場合があります。しかし抜歯するとその部分の歯を支えていた顎の骨が痩せたり、お口全体の噛み合わせが乱れたりすることがあります。そうしたことを防ぐために、できる限り抜歯を回避する治療が「根管治療」です。

 

抜歯

抜歯とは、親知らずや虫歯によって治療が出来なかった歯を、人為的な手法で抜く行為のことです。現在の治療では、麻酔技術の発達によって患者様の痛みを最小限にすることが可能となりました。

 

親知らず抜歯

親知らずとは、歯列の一番奥に生える歯のことで、「第三大臼歯」といいます。当クリニックでも親知らずの抜歯に対応しておりますが、こちらで抜くことが難しいと判断した時には、専門医を紹介させて頂きます。

 

歯ぎしりの予防

歯ぎしりとは、就寝時や起床時を問わず、歯を擦り合わせたり噛みしめたりする異常習癖のことです。「ブラキシズム」ともいいます。歯ぎしりによって歯と歯に過剰な接触が起こったり、歯に過剰な圧力がかかったりすると、歯、歯茎、顎の骨にトラブルが生じる可能性があります。

 

小児歯科

乳歯は永久歯よりも歯質が柔らかいため、虫歯になると一気に進行してしまうことがあります。保護者さまの中には「乳歯は生え変わるから、虫歯になっても大丈夫」と思われている方もいるかもしれませんが、実は、乳歯の虫歯が永久歯に悪影響を与える場合があるのです。もしお子様が虫歯になってしまった時は、すぐに当院に連れてきて、適切な治療を受けさせてあげるようにしてください。

 

審美歯科

むし歯などの治療により削った歯に詰め物(インレー)を詰めたり、被せ物(クラウン)を被せたりすることで、口腔内の審美性や機能性を高めるのが、この「審美歯科」です。

 

そう歯科クリニックブログ 自由診療ガイド EPARK