歯を失った方へ

第二の天然歯、それがインプラントです

インプラントとは、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋入し、その上に人工歯を装着させることで、失った歯の機能性や審美性を取り戻す治療です。顎の骨にしっかりと定着させるため、入れ歯のようにぐらついたり、外れたりすることもありません。天然歯同様に、硬いものでもしっかりと噛めるようになります。また、まわりの歯と比べても違和感のない状態に仕上げることも可能です。このように天然歯同様にお使い頂けることから、「第二の天然歯」とも言われています。

インプラント治療について詳しくはこちら

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

歯を失った時、その部分の機能性や審美性を改善させる方法として、主にインプラント、入れ歯、ブリッジの3つの方法があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、それらをきちんと理解した上で選択するようにしてください。

 インプラント入れ歯ブリッジ
方法 顎の骨に人工歯根を埋入し、その上に人工歯を装着させます 人工歯の付いた床を、金属のバネなどを使って歯茎に装着させます 歯を失った部分の両隣の歯を削り、それを支えとして人工歯を固定します
メリット
  • 見た目が美しく、自然
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 他の歯に負担をかけない
  • 治療期間が短い
  • ほとんどの症例に対応する
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 入れ歯よりも安定する
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 治療費が高額
  • 金属のバネを使用する入れ歯の場合、見た目がよくない
  • 両隣の歯を削らなくてはいけない
  • 支えとなる歯に負担がかかる

インプラントの費用

1本 300,000円

※価格は税抜表示です

医療費控除について

歯科治療にかかった費用は医療費控除の対象となりますので、生計をともにする家族(配偶者、その他の親族)の医療費が10万円以上を超える場合には、申告により税金を軽減することができます。なお、成人の場合には医師の診断書が必要となりますので、ご希望の方はお気軽にお申し出ください。

目立たない入れ歯

失った歯の機能性や審美性を改善する方法として、インプラントのほかに入れ歯があります。入れ歯とは、人工歯の付いた床を金属のバネ(クラスプ)などを使って歯茎に装着させる方法です。患者様の中には、「金属のバネが目立つのが嫌」「まわりの人に入れ歯を装着していることを知られたくない」という方もおられるかと思いますので、そうした方には金属のバネを使用しない「ノンクラスプデンチャー」をおすすめしています。
ノンクラスプデンチャーであれば、金属のバネがないので装置が目立つようなことはありません。また、金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。また、「入れ歯が合わない」「装着時に痛みなどの違和感がある」などのお悩みにも対応しておりますので、入れ歯のことで何かお困りであればお気軽に当クリニックまでご相談ください。

 

入れ歯(義歯)について詳しくはこちら

当クリニックの入れ歯は多くの方にご満足頂いています


当クリニックでは、総入れ歯(歯をすべて失った時に使用する入れ歯)を作製する時などに、「ゴシックアーチ」と呼ばれる、顎の前後左右の動きや動かし方などを測定する装置を使い、正しい噛み合わせの位置を確認するようにしています。その結果、多くの患者様から「そう歯科クリニックの入れ歯はよく噛める」とご満足頂き、長期間快適な状態でお使い頂いています。もし今、「入れ歯が合わない」「痛みなどの違和感がある」「よく噛めない」などとお悩みであれば、一度当クリニックにご相談ください。患者様お一人おひとりのお口の中の状態をきちんと確認した上で、よく噛める・長くお使い頂ける入れ歯を提供させて頂きます。

入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

「クラスプ」と呼ばれる金属のバネを使用しない入れ歯です。金属のバネがないので、装着してもお口元の審美性を損なうようなことはありません。「まわりの人に入れ歯を装着していることを知られたくない」という方などにおすすめです。また、床部分を薄く作製することできるので装着時の違和感が少なく、従来の入れ歯よりも軽いので、快適にお使い頂くことができます。

金属床入れ歯

入れ歯の床部分に金属を使用した入れ歯です。床部分を薄く作製することができるので装着時の違和感が少ない、金属を使用しているので丈夫という特徴のほか、熱伝導に優れているので食べ物の温度が伝わりやすいという利点もあります。ただし、使用する金属の種類によっては、金属アレルギーの原因となる場合があるため注意が必要です。

アタッチメントデンチャー

入れ歯部分と歯根に小型の磁石を取り付けて、磁力によって入れ歯を固定する方法です。金属のバネを使用しないので、装着してもお口元の審美性を損なうようなことはありません。また、強力な磁力で固定するので、高い安定性を実現することができます。

入れ歯の費用

ノンクラスプデンチャー 70,000円~
金属床総義歯 150,000円
金属床部分床義歯 200,000円~
アタッチメントデンチャー 50,000円~

※価格は税抜表示です

ブリッジ

ブリッジとは歯が欠けてしまった場合に、欠けてしまった歯の両隣の歯を支えにして、人工歯を被せる治療法のことを言います。

加古川市でブリッジの治療をご希望の方はそう歯科クリニックまでお問い合わせください。

そう歯科クリニックブログ 自由診療ガイド EPARK