一般歯科

初診の流れ

1ご予約

お電話などでご希望の日時をご予約ください。当クリニックは急患にも随時対応しておりますが、事前にご予約頂けますとスムーズに診療を受けて頂くことができます。

2受付・問診票の記入

ご予約の日時に来院頂き、受付を済ませた後、問診票をご記入ください。

3応急処置

激しい痛みや腫れなどがある場合には、先に応急処置を行います。

4カウンセリング

ご記入頂いた問診票の内容をもとに、お悩みの症状やご希望になる治療などをおうかがいします。丁寧でわかりやすいカウンセリングを心がけておりますので、わからないことや不明点などがあれば、何でも気軽にお尋ねください。

5検査

レントゲン検査、口腔内検査などにより、患者様のお口の中の状態を確認します。なお、当クリニックでは、基本的にすべての患者様に対して歯周病検査を行っております。

6治療計画

検査結果をもとに、治療計画を立案します。またこの時、患者様のお口の中の状態を詳しくご説明します。立案した治療計画をご説明し、ご納得頂けた場合には治療を開始します。

7治療

立案した治療計画に基づいて、治療を行います。痛みの少ない治療など、できる限り負担の少ない治療を心がけます。また、治療を行うとともに、歯石除去やブラッシング指導なども行い、清掃性の高いお口の中の環境作りに努めます。

8再評価

治療によりお口の中の状態がどう変化したか、詳しく確認します。

9予防・定期メンテナンス

治療が終わりましたら、定期メンテナンスに移ります。治療によって健康になったお口の中の状態を維持するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。患者様の歯の状態によっても異なりますが、3ヶ月に1回程度の頻度でメンテナンスを受けて、病気の再発を予防するようにしてください。

虫歯

虫歯は、初期段階には痛みなどの症状がほとんど現れません。そのため、早期発見・早期治療をはかるためには、歯科医院で定期検診を受けることが重要です。発見が遅れて病気が進行し、重度の虫歯になると歯を失うことにつながる場合があります。一度虫歯にかかると、放っておいても自然に治ることはありませんので、少しでも「おかしいな」と思われた時には、すぐに当クリニックまでご連絡ください。

痛みの少ない虫歯治療

虫歯治療にともなう患者様の負担を軽減するために、当クリニックでは麻酔を使った「痛みの少ない虫歯治療」を行っております。また、33Gの極細針を使用したり、電動麻酔器により一定のスピードで麻酔液を注入したりするなど、麻酔注射時の痛みにも配慮しています。「痛みに対する恐怖心が強いため、歯科医院に通うのが憂鬱」という方も大勢いらっしゃるかと思いますが、当クリニックの「痛みの少ない虫歯治療」であれば、そうした方でも安心して治療を受けて頂くことができます。

虫歯の治療方法

1コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填とは虫歯を削った後にコンポジットレジンという歯科用のプラスチックを詰めることを言います。レジンを用いた治療法は、歯科治療で最も基本的な治療法の一つです。

2インレー修復法

インレー修復法とは、むし歯を削り型をとり、次回に出来上がった詰め物(インレー)を削った場所に接着します。

1本の歯を治療するのに2回の治療が必要な方法となります。

 

根管治療

虫歯や歯周病が重度化すると、抜歯を検討しなければいけなくなる場合があります。しかし抜歯するとその部分の歯を支えていた顎の骨が痩せたり、お口全体の噛み合わせが乱れたりすることがあります。そうしたことを防ぐために、できる限り抜歯を回避する治療が「根管治療」です。
根管治療とは、「根管」と呼ばれる歯の神経や血管が通っている細い管の中から、死んでしまった神経や汚染された組織などを取り除き、清掃・消毒して薬剤を充填することで、歯の保存をはかる治療です。根管内に細菌が残ってしまうと病気の再発を招くこともあるため、精密な処置を行うことが重要となります。

根管治療の流れ

1神経・血管・組織の除去

細菌によって汚染された歯の神経、血管、組織などを除去します。

2清掃・消毒

根管内を清掃・消毒します。根管内に細菌が残ると病気の再発を招く可能性もありますので、きちんと消毒を行います。

3薬剤の充填

細菌の再感染を防止するために、根管内を薬剤で隙間なく充填します。

4土台・被せ物の装着

歯根部分に金属やグラスファイバーの土台を立て、その上に被せ物を装着させ、失われた機能性の回復をはかります。

歯周病

歯周病は、お口の中の細菌によって引き起こされる感染症で、現在、日本人が歯を失う一番の原因であるとされています。初期段階には痛みなどの自覚症状がほとんど現れないため、気づかないうちに重度化してしまうことの多い病気です。そのため、適切に予防するためには、ご自宅でのセルフケアでプラークコントロールに努めるとともに、定期的に歯科医院に通ってお口の中の状態をチェックしてもらうことが重要です。

 

詳しくはこちら

抜歯

抜歯とは、親知らずや虫歯によって治療が出来なかった歯を、人為的な手法で抜く行為のことです。
現在の治療では、麻酔技術の発達によって患者様の痛みを最小限にすることが可能となりました。

親知らず抜歯

親知らずとは、歯列の一番奥に生える歯のことで、「第三大臼歯」といいます。一般的に18~20歳ごろに生えてくるとされていますが、人によっては生えてこない場合もあります。親知らずが正しい方向に生えていて、上下の噛み合わせに問題がない場合は抜歯する必要もないと考えますが、斜めや横向きに生えているために痛みが生じていたり、適切なブラッシングが行いにくく親知らずそのものや、隣の歯の虫歯の原因となっていたりするような場合には、抜歯することをおすすめしています。当クリニックでも親知らずの抜歯に対応しておりますが、こちらで抜くことが難しいと判断した時には、専門医を紹介させて頂きます。

歯ぎしりの予防

歯ぎしりとは、就寝時や起床時を問わず、歯を擦り合わせたり噛みしめたりする異常習癖のことです。「ブラキシズム」ともいいます。歯ぎしりによって歯と歯に過剰な接触が起こったり、歯に過剰な圧力がかかったりすると、歯、歯茎、顎の骨にトラブルが生じる可能性があります。例えば、歯ぎしりを続けると歯がすり減って平たくなり、噛み合わせが悪くなってものをしっかり噛むことができなくなったり、顎に痛みが生じたりすることがあります。また、歯や歯の根元が欠けたりすることもあります。

ナイトガード

歯ぎしりを予防する方法として、ナイトガードの装着があります。ナイトガードとは、歯ぎしりによる歯や顎への負担を軽減するために、就寝中に装着するマウスピースのことです。ナイトガードは市販されているものもありますが、より効果的に歯ぎしりを予防したいとお考えであれば、歯科医院で作製されたものを使用することをおすすめします。当クリニックでは、患者様お一人おひとりの歯の状態に合わせて作製し、噛み合わせが均等になるようなナイトガードを提供します。

そう歯科クリニックブログ 自由診療ガイド EPARK