小児歯科

虫歯にかかりやすい乳歯を守るために

乳歯は永久歯よりも歯質が柔らかいため、虫歯になると一気に進行してしまうことがあります。保護者さまの中には「乳歯は生え変わるから、虫歯になっても大丈夫」と思われている方もいるかもしれませんが、実は、乳歯の虫歯が永久歯に悪影響を与える場合があるのです。もしお子様が虫歯になってしまった時は、すぐに当院に連れてきて、適切な治療を受けさせてあげるようにしてください。
しかし、虫歯を治療するよりも大切なのは、お子様の歯を虫歯にしないことです。自分一人では適切にケアすることが難しいお子様の歯を虫歯から守るためには、保護者さまのサポートが不可欠です。そう歯科クリニックの小児歯科では、お子様の歯を病気から守るとともに、保護者さまのデンタルIQ(歯に関する知識)を高める情報提供も行っておりますので、当クリニックと二人三脚で、大切なお子様の歯を病気から守って頂ければと思います。

乳歯の虫歯は永久歯に影響します

「乳歯は生え変わるから、虫歯になっても大丈夫」ではありません。乳歯が虫歯にかかると、永久歯に対して様々な悪影響をおよぼす場合があります。例えば、虫歯により乳歯が抜けてしまうと、抜けた部分の両隣の歯が傾いて、永久歯の生えるスペースを塞いでしまい、お子様の歯並びに影響をおよぼす場合があります。また、虫歯により神経が死んでしまった乳歯をそのままにしていると、茶色く変色した永久歯が生えてくる場合があります。このような悪影響を永久歯に与えないためにも、乳歯のうちからしっかりと虫歯を治療・予防するようにしてください。

年齢別の虫歯予防

年齢予防のポイント
0~2歳(乳歯が生え揃う前)
  • ショ糖を含むジュースなどの飲み物を与えるのは控えてください
  • 寝る前に、保護者さまが歯磨きをしてあげてください
2~3歳(乳歯が生え揃う頃)
  • 歯磨きの習慣を身につけさせてあげるようにしてください(ただし、必ず保護者さまが仕上げ磨きを行ってください)
  • だらだら食べをさせないようにしてください
3~6歳(乳歯が生え揃った後)
  • 歯科医院で定期検診を受けさせてあげてください
  • 歯磨きを習慣づけるとともに、フッ素入り歯磨き剤を使用させるようにしてください
6~12歳(永久歯が生え始める頃)
  • 引き続き、歯科医院で定期検診を受けさせてあげてください
  • 歯ブラシだけでなく、デンタルフロスなどの補助的清掃用具を使ってケアする習慣を身につけさせてあげるようにしてください
  • 正しいブラッシング方法を身につけさせてあげるようにしてください
12~16歳(永久歯が生え揃った後)
  • 引き続き、歯科医院で定期検診を受けさせてあげてください
  • 虫歯や歯周病に関する知識を身につけさせてあげるようにしましょう

お子様の歯を病気から守るためにできること

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化する効果や、歯の再石灰化を促進する効果などがあります。これを歯の表面に塗布することで、虫歯になる確率を抑えることができます。また、定期的に塗布することで予防効果を高めることができますので、3~4ヶ月に1回程度の頻度で受けられることをおすすめします。

シーラント

汚れが溜まりやすい奥歯の溝をレジン(歯科用プラスチック)で塞ぎ、虫歯を予防します。

ブラッシング指導(TBI)

お子様の年齢、歯の発育段階や生え方などに合わせて、正しいブラッシング方法を指導します。そのほか、デンタルフロスなどによる歯間清掃方法の指導や、保護者さまへの仕上げ磨きのアドバイスなども行います。

そう歯科クリニックブログ 自由診療ガイド EPARK